【ロンドン時事】ジョンソン英首相は5日記者会見し、新型コロナウイルス対策のためイングランドで導入中の規制について、12日以降のパブやレストランの屋外営業再開などを盛り込んだ新たな緩和策を発表した。先月から始まった段階的緩和策の一環で、ワクチン接種が順調に進み、感染や死者数が減っていることからさらなる緩和が可能と判断した。
 12日からはパブのほか、店舗やジム、美容院なども営業が認められる。動物園や遊園地など、屋外の娯楽施設も再開が可能。一方、休暇目的の海外渡航に関しては「5月17日からの再開を望む」と述べるにとどめた。首相は「(感染阻止の努力が)効果をもたらしている」とし、緩和後には自身もパブに行き「(感染対策に)注意を払いつつ乾杯する」と宣言した。 (C)時事通信社