欧米では、飲酒は女性の乳がんリスクを高めることが確実視されている。しかし、欧米人に比べて飲酒習慣の控えめな日本人女性には当てはまらない可能性がある。愛知県がんセンター研究所がん予防研究分野分野長の松尾恵太郎氏らは、大規模コホート研究のプール解析を実施。その結果、飲酒は閉経前女性の乳がん発症リスクを高める一方、閉経後女性では明らかな関連は認められなかったと、Int J Cancer2021年1月26日オンライン版)に発表した。

閉経前後に分けて解析

 飲酒はさまざまな疾患の発症に関連する。乳がんもその1つで、飲酒が主要な原因であることは、欧米で行われた多くの研究によって裏付けられている。しかし、日本人を含むアジア人を対象とした研究では、規模が不十分であるなどの理由から、統一見解が得られていない。

 そこで松尾氏らは、日本で実施された大規模コホート研究8件(登録女性は計15万8,164例)をプール解析し、日本人女性における飲酒が乳がんに及ぼす影響を閉経状態に注目して検討した。プール解析に用いたのは、多目的コホート研究(JPHC Study)コホートⅠ、JPHC StudyコホートⅡ、JACC研究、大崎国保コホート研究、宮崎県コホート研究、三府県コホート研究宮城、三府県コホート研究愛知、放影研寿命研究の8件。飲酒習慣については、各コホート研究のアンケート結果を基に、頻度を「現在非飲酒」「機会飲酒(週1日以下)」「ときどき(週1日以上4日以下)」「ほとんど毎日(週5日以上)」の4種に、量を1日当たり「0g」「~11.5g未満」「11.5g~23g未満」「23g以上」の4種に分類した。

 乳がんリスクに影響しうる因子(年齢、居住地域、閉経状況、喫煙、BMI、初経年齢、出産回数、女性ホルモン薬の使用、余暇の運動)を調整した上で、非飲酒群に対する乳がん罹患リスクを算出し、プール解析を行った。

週5日以上群で37%、23 g以上群で74%のリスク上昇

 236万9,252人・年の追跡期間中に、2,208例が乳がんを発症した。

 登録時の閉経状況で分けた解析の結果、閉経前女性では、飲酒の頻度〔非飲酒群に対する週5日以上群のハザード比(HR)1.37、95%CI 1.04~1.81、傾向性のP=0.017〕、量(1日の摂取量0g群に対する23g以上群のHR 1.74、同1.25~2.43、傾向性のP=0.041)と乳がんリスクとの間に有意な相関が認められた。

 一方、閉経後女性では、飲酒の頻度、量ともに乳がんリスクとの有意な関連は認められなかった(各傾向性のP=0.882、傾向性のP=0.824)。これらの結果は、乳がん診断時の閉経状態に基づく解析においても、同様の傾向を示した。

 欧米の報告と異なり、日本人女性では閉経の状態によって飲酒と乳がんリスクとの関連に乖離が見られた。松尾氏らは「乳がんの予防には、若いころから飲酒を控えることが重要」と強調。また、原因としては「対象のうち、閉経後女性は閉経前女性と比べ飲酒習慣のある人の割合が少なく、それによって飲酒の影響が過小評価された可能性がある」と分析した。さらに「日本人は肥満の割合が少なく、閉経後はエストロゲンの供給が主に脂肪細胞由来となるため、飲酒がエストロゲンを介して乳がんの罹患に及ぼす影響が欧米人女性よりも弱まる可能性がある」との見解を示している。

(比企野綾子)