日本肺癌学会の新型コロナ感染症(COVID-19)対策ステートメント作成ワーキンググループは、このほど「COVID-19パンデミックにおける肺癌診療:Expert opinion」の第2.0版(以下、最新版)を公式サイト上に公開した。わが国でもようやくファイザーとビオンテックが開発したコロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS-CoV-2)(商品名コミナティ)の接種が始まったことから、最新版ではがん患者の薬物治療下におけるワクチン接種についての基本的な考え方が盛り込まれた。

抗がん薬のクラスごとに見解発表

 わが国では、同ワクチン以外にも、モデルナ、アストラゼネカとワクチン輸入の契約を締結している。

 現時点では、がん患者に対する新型コロナウィルス(SARS-CoV-2) ワクチンの安全性や有効性に関する情報は十分でないものの、米国臨床腫瘍学会(ASCO)、欧州臨床腫瘍学会(ESMO)、米国がん研究協会(AACR)など、がん関連学会がそれぞれの公式サイト上でステートメントを公表。がん患者におけるインフルエンザワクチンのエビデンスを外挿し、あくまで暫定的だと断りつつも、「少なくとも一般市民におけるSARS-CoV-2ワクチンの短期的な安全性は確認できており、がん患者においてもベネフィットがリスクを上回る状況」との判断を示している。そのため、日本肺癌学会は「ワクチン成分に対するアレルギー既往などの禁忌がない限り、がん患者においてもワクチン接種を前向きに検討すべき」との見解は共通していると指摘。

 そこで最新版では、これらを参考に各薬剤クラスについて下記のような見解を示した。

ICI:ワクチン接種のために治療は中止しない

 米・Memorial Sloan Kettering Cancer Centerのがん患者に対する SARS-CoV-2ワクチンの暫定的ガイドライン1)やESMOのステートメント2)では、免疫チェックポイント阻害薬(ICI)投与中の肺がん患者に対するワクチンについて言及している。

・ICI治療中の患者は、SARS-CoV-2ワクチンを接種すべきである

・SARS-CoV-2ワクチン接種のためにICI治療を中止すべきではない

・ただし、SARS-CoV-2ワクチンの有害事象は接種後2〜3日以内に多く発現する傾向にあるため、可能であればワクチン接種とICI投与時期の調整を考慮してもよい

・ICI投与中のがん患者における、SARS-CoV-2のmRNAワクチンの免疫原性についての公表データはないが、インフルエンザワクチンにおいてはICI投与中でも免疫原性が確認されている3)

・インフルエンザワクチンに関しては、既に複数の研究においてICI投与中の免疫関連有害事象を来すリスクが増大することはないと報告されている4~6)

殺細胞性抗がん薬:骨髄抑制の時期を考慮

 ESMOのステートメントでは、骨髄抑制が起こる殺細胞性抗がん薬投与中にワクチンを接種することで、通常より免疫原性が落ちる可能性について言及。ドセタキセル投与中の固形がん患者を対象にした前向き観察研究において、インフルエンザワクチン接種後に各インフルエンザウイルス亜型の抗体価上昇(セロコンバージョン)が起きた症例は8〜29%と一般市民の 3分の1程度であったと報告されている7)。可能であれば、抗体産生能を維持するために、殺細胞性抗がん薬による骨髄抑制の時期を考慮しワクチン接種時期を検討することが望ましい。また、いずれのワクチンも筋肉注射であることから、接種前の血小板数や凝固能には注意を払うべきであるとしている。

分子標的薬:接種時期は問わずワクチン接種は考慮

 肺がんにおける分子標的薬は主にチロシンキナーゼ阻害薬を指すが、同阻害薬投与中のワクチンの免疫原性について検討した報告は、インフルエンザワクチンのエビデンスでさえ極めて少ない。血管新生阻害薬やチロシンキナーゼ阻害薬を含む治療中の固形がん患者を対象にインフルエンザワクチンの安全性を検討した前向き観察研究では、分子標的薬投与中でも免疫原性は保たれ安全性も担保されていたと報告されている8)。そこで、一般に骨髄抑制の頻度が少ないチロシンキナーゼ阻害薬であれば、接種時期を問わず積極的にSARS-CoV-2ワクチン接種は考慮すべきであるとしている。

 なお、今回のアップデート後も事態が急速に変化することが予測されるため、日本肺癌学会は「随時最新の情報を更新していきたい」としている。

1) MSK COVID-19 VACCINE INTERIM GUIDELINES FOR CANCER PATIENTS

2) ESMO STATEMENTS FOR VACCINATION AGAINST COVID-19 IN PATIENTS WITH CANCER

3) Ann Oncol 2020; 31: 959-961

4) JCO Oncol Pract 2020 ; 16: e573-e580

5) Clin Infect Dis 2020; 70: 193-199

6) Eur J Cancer 2018; 104: 182-187

7) Br J Cancer 2011; 104: 1670-1674

8) Ann Oncol 2012; 23: 450-457

編集部