消化器内視鏡検査は多くの疾患の早期発見と治療に役立つ一方で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミック下においてはエアロゾルの発生などもあり、高リスクな処置と考えられている。そこで横浜市立大学肝胆膵消化器病学講師の日暮琢磨氏らは、内視鏡医療スタッフが曝露する可能性がある唾液、胃液、腸液中の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)陽性率を調査。その結果「無症候で唾液中にウイルスが検出されない患者でも、消化管に一定の割合でSARS-CoV-2が認められることが分かった」とDig Endosc2021年2月6日オンライン版)に発表した。

消化管液検体の2.0%が陽性

 日暮氏らは、唾液および胃液、腸液中のSARS-CoV-2陽性率を調査するため、2020年6月1日~7月31日に同大学病院で内視鏡検査を受けた全患者783例(上部内視鏡検査560例、下部内視鏡検査223例)から唾液、胃液、腸液を採取し、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応(RT-PCR)検査を行った()。

図. 研究のシェーマ

27458_fig01.jpg

 その結果、唾液検体は、上部、下部内視鏡検査いずれもSARS-CoV-2陰性だったのに対し、消化管液検体では2.0%〔783例中16例:胃液検体の2.3%(560例中13例)、腸液検体の1.3%(223例中3例)〕が陽性を示した()。

表. RT-PCR検査の結果

27458_tab01.jpg

(図、表とも日暮琢磨氏提供)

 SARS-CoV-2陽性例と陰性例で、年齢、性、内視鏡検査の目的、治療薬、抗体検査陽性率に有意な違いは認められなかった。

 以上の結果から、同氏は「無症候で唾液中にウイルスが検出されない患者でも、消化管に一定の割合でSARS-CoV-2が認められることが分かった。COVID-19流行下においては、内視鏡医療スタッフは検査を行う際には唾液、胃液、腸液の取り扱いに注意すべきであり、一般市民もトイレ使用時などにはSARS-CoV-2感染に注意を払う必要がある」と指摘している。

(大江 円)