【ロサンゼルス時事】米大リーグのレンジャーズは5日、本拠地開幕戦となったテキサス州アーリントンのグローブライフ・フィールドでのブルージェイズ戦で観客席を100%開放した。米メディアによると、新型コロナウイルス感染拡大後、北米四大スポーツで観客数を制限しなかったのは初めて。チケットは完売し、3万8238人が集まった。
 今季の大リーグは、州や自治体の規定に従って入場者を制限しているが、テキサス州のアボット知事は先月に商業活動の全面再開を発表。バイデン大統領や米疾病対策センター(CDC)は、感染拡大が加速する可能性があるとして上限を設けない観客動員に懸念を示していた。 (C)時事通信社