加藤勝信官房長官は6日の記者会見で、新型コロナウイルスへの感染予防を理由にした北朝鮮の東京五輪不参加について、「国際オリンピック委員会などとの調整だから、それを注視していく」と述べるにとどめた。その上で、「多くの国・地域に参加してもらえるよう、感染対策を含め環境整備に引き続き努めていく」と強調した。
 拉致問題解決に向けて五輪に合わせた日朝対話に意欲を示していたことに関しては、「日本政府が(問題解決へ)主体的に取り組んでいく。直接、話をする用意もある。この姿勢に何ら変わりはない」と語った。
 立憲民主党の安住淳国対委員長は国会内で記者団に「どこの国であれ、コロナ対策を理由に不参加となるのは残念なことだ」と述べた。 (C)時事通信社