J1のC大阪は6日、新たにトップチーム関係者1人が新型コロナウイルス検査で陽性と判定されたと発表した。またJリーグ独自の基準により、レビー・クルピ監督を含む関係者2人が濃厚接触の疑いがあるとされたが、その後保健所に該当しないと判断された。
 6日の横浜M戦(日産ス)は陽性者ら計5人を除いて開催され、小菊昭雄コーチが代わりに指揮を執った。 
 C大阪では5日までにトップチームの選手、関係者1人ずつが陽性と判定されていた。(C)時事通信社