大阪府は6日、大阪自動車税事務所の職員が3月末に大人数で送別会を開き、3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。7人による会食が2カ所で行われ、計14人が参加した。吉村洋文知事は「本当にあってはならない許されない行為。府民の皆さまに心からおわび申し上げる」と謝罪し、全職員を対象に4人を超える飲食の有無を調べる意向を示した。
 府によると、送別会は3月31日、同事務所の二つの課が別々に開催。大阪市内の中華料理店に7人、居酒屋に7人が集まり、いずれも午後8時40分ごろ終わったという。府民には4人以下での会食を要請しているが「身内」で守られず、マスク会食も行われていなかった。
 3人は4月5日にPCR検査で感染が判明し、行動歴の調査で送別会の開催が発覚。府は送別会の出席者と濃厚接触者ら計19人を自宅待機とした。 (C)時事通信社