【パリ時事】フランスのルメール経済・財務相は6日、新型コロナウイルスの感染拡大で業績が悪化している航空大手エールフランスKLMに対する追加支援として、最大で40億ユーロ(約5200億円)相当の資本注入を行うと明らかにした。仏公共ラジオに出演し語った。仏政府の出資比率は現行の14.3%から30%弱に倍増する。
 欧州連合(EU)欧州委員会は6日、仏政府の支援策を承認したと発表した。 (C)時事通信社