大阪府は7日、過去最多となる878人の新型コロナウイルス感染者を新たに確認したと発表した。兵庫県でも最多の328人が判明。「まん延防止等重点措置」が適用された関西地方で感染拡大に歯止めがかからない状態が続いている。
 新潟(34人)、奈良(81人)、和歌山(38人)各県も最多を更新し、全国で新たに3455人の感染が確認された。1日当たりの感染者数が3000人を上回るのは1月30日以来。死者は30人、重症者は前日比5人増の456人だった。
 大阪府では6日も719人の新規感染者が確認されており、2日続けて過去最多を更新。9日連続で東京都の数も上回った。
 兵庫県の新規感染者が300人を超えるのは2回目。神戸市は入院先の調整中だった80代男性が6日に自宅で死亡していたことを明らかにした。
 東京都では2月6日(639人)以来、約2カ月ぶりに500人を超える555人の感染が確認された。都によると、直近1週間の平均は417人で前週(360.7人)から15.6%増えた。
 厚生労働省によると、英国などで流行する変異ウイルスの感染者は、6日までの1週間に秋田、島根、山口、長崎各県で新たに確認された。国内の累計は38都道府県の計886人となり、前週から208人増えた。 (C)時事通信社