JR西日本は7日、都市で働きながら地方へ移住する人の生活を支援する実証実験を6月から実施すると発表した。滋賀、京都、兵庫各府県の3市で居住を始める家族を対象に、通勤時の特急料金などのサブスクリプション(定額制)サービスを提供する。新型コロナウイルス流行で広がる生活様式に対応しながら、新たな鉄道需要を掘り起こす。 (C)時事通信社