JR東日本とJR西日本は7日までに、2020年度の鉄道営業収入が前年度と比べて半減したと発表した。新型コロナウイルス感染拡大で鉄道利用が低迷し、下落幅は両社とも1987年の旧国鉄分割民営化以降で最悪。大型連休やお盆、年末年始など、書き入れ時の落ち込みも響いた。
 JR東が46.9%、JR西が51.8%、それぞれ減少した。在宅勤務が増えたことで通勤定期が要らなくなったことや、出張や旅行の減少が大きかった。 (C)時事通信社