新型コロナウイルス対策の政府の観光支援事業「Go To トラベル」キャンペーンの事業者向け給付金をだまし取ったとして、広島県警捜査2課と広島中央署は7日、詐欺容疑で元宿泊施設経営者の無職栗栖かいん容疑者(51)=東京都品川区西大井=を逮捕した。
 県警によると、同給付金をめぐる宿泊事業者の摘発は全国初という。同容疑者は「泊まっていない人を泊まったことにして申請したことに間違いないが、不正とは思わなかった」と供述している。
 逮捕容疑は、経営していた広島市東区の宿泊施設に昨年8月5日~31日、客1人が宿泊したように装って給付金を申請し、11月6日に27万3000円を入金させて詐取した疑い。 (C)時事通信社