菅義偉首相は8日の衆院本会議で、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の東京都への適用について、「新規感染者数や病床の状況などを勘案し、都や専門家のご意見を伺いながら適切に判断していく」と述べ、都の要請を踏まえて検討に入る方針を示した。
 首相は感染状況について「現時点で全国的な大きなうねりとまではなっていない」と指摘した上で、「幾つかの地域で感染再拡大が生じており、強い警戒感を持って対応している」と説明。「地域を絞った重点措置を機動的、集中的に講じ、感染拡大を食い止めていく」と語った。 (C)時事通信社