政府は9日午前、新型コロナウイルスの専門家らによる基本的対処方針分科会を開き、緊急事態宣言に準じた対応が可能となる「まん延防止等重点措置」を、感染が急拡大する東京都、京都府、沖縄県に週明けの12日から適用する方針を示し、了承された。9日午後6時から政府対策本部(本部長・菅義偉首相)を開き、正式決定する。
 対象区域は、東京都が23区と武蔵野・立川・八王子・町田・調布・府中の6市、京都府は京都市、沖縄県は那覇市など本島の9市とする。期間は東京都が5月11日まで、京都、沖縄は同5日まで。 (C)時事通信社