国内女子ゴルフツアー、富士フイルム・スタジオアリス女子オープン(9~11日、兵庫・花屋敷GCよかわ)の大会事務局は9日、テレビ中継スタッフ1人が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応を示したため第1ラウンドの開始時刻を遅らせ、午後2時に変更したと発表した。
 大会事務局によると、管轄の保健所が濃厚接触者はいないと判断した。当初は午前7時半に最初の組がスタートする予定だった。 (C)時事通信社