丸川珠代五輪担当相は9日の閣議後の記者会見で、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」適用が五輪聖火リレーに与える影響について「沖縄県では5月1日と2日が聖火リレー。県の実行委員会と大会組織委員会でよくご検討いただきたい」と述べ、沖縄の状況を注視する考えを示した。
 丸川氏はまた、大阪府全域で公道での聖火リレーを中止する方針となったことについては「府知事の決断を支持したい」と述べた。 
 東京五輪・パラリンピックに出場する日本人選手に新型コロナウイルスワクチンを優先接種する案が政府内で浮上していることについては「現時点ではもちろん、これから先も具体的な検討を行う予定がない」と否定。ただ、「今後、国際オリンピック委員会(IOC)と組織委でどのような話をされるかというのは、状況によって変わるかもしれない」と付け加えた。(C)時事通信社