河野太郎規制改革担当相は9日の閣議後記者会見で、高齢者向けの新型コロナウイルスワクチン確保にめどが立ったと明らかにした。6月の供給分が固まり、対象の約3600万人が2回接種する量を調達できる。河野氏は「自治体の接種体制に応じて、しっかりワクチンの供給をしていきたい」と述べた。 (C)時事通信社