西村康稔経済再生担当相は9日の記者会見で、東京都、京都府、沖縄県への適用が決まった新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置について、今後も感染状況に応じて対象を追加する意向を示した。「大きな流行にしないため、兆しを見つければ機動的に何回でもやる」と述べた。
 西村氏はまた、感染力が高まった変異ウイルスの拡大に「極めて強い危機感を持っている。最大限の注意を払ってもらいたい」と強調。大人数での会食を控えるよう改めて呼び掛けるとともに、まん延防止措置が適用される都府県との往来を「極力控えるようお願いしたい」と訴えた。 (C)時事通信社