【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)の欧州医薬品庁(EMA)は9日、米製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルスワクチンについて、接種後に血栓症を発症した報告に関し安全性の調査を開始したと明らかにした。
 EMAによると、血小板減少を伴うまれなタイプの血栓症を接種後に発症した深刻な例が4件報告されている。3件は米国での接種で発生し、残る1件は臨床試験(治験)段階で起きた。接種との因果関係は「現時点でははっきりしていない」としている。 (C)時事通信社