国際水泳連盟(FINA)は9日、当初は東京アクアティクスセンターで18~23日に開催予定だった東京五輪最終予選を兼ねる飛び込みのワールドカップ(W杯)を5月1~6日に延期すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて日程を再調整していた。 
 5月29~30日に福岡市で予定されていたオープンウオータースイミングの最終予選は6月19~20日にポルトガルのセトゥバルでの開催に変更。アーティスティックスイミングについては協議中としている。
 関係者によると、FINAは感染防止策などに問題があるとして大会中止の可能性を日本側や各大会関係者に通告。東京五輪・パラリンピック組織委員会などと延期や開催地変更を協議していた。(時事)(C)時事通信社