河野太郎規制改革担当相は11日のNHK番組で、新型コロナウイルスのワクチン接種の有無による差別防止に向け、指針を策定する考えを示した。「打たない人を不利益のように差別するのはやめてほしいというガイドラインを出したい」と強調した。
 一方、接種会場のデパートで割引特典を用意するなどの事例を挙げ、「打った方に何か利益があることは、民間などでやってほしい」とも語った。 (C)時事通信社