石川県で新型コロナウイルスのワクチンを2回接種した人の感染が確認されたことが11日、県への取材で分かった。ワクチンを2回打った人の感染が国内で確認されたのは初めてとみられる。
 感染したのは、石川県立中央病院(金沢市)で勤務する派遣職員。県によると、3月13日と4月3日に医療従事者を対象としたワクチンの先行接種を受け、10日の検査で新型コロナ陽性と判明した。直接患者と接する業務ではないという。 (C)時事通信社