新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け優先接種が12日、東京都八王子市など一部地域で始まった。対象は今年度中に65歳になる人ら約3600万人で、政府は6月末までの完了を目指す。開始時点で自治体に配布されたワクチン数はごく一部に限られ、本格化するのは5月上旬ごろになる見通し。
 重症化リスクの高い高齢者への接種により、医療提供体制逼迫(ひっぱく)の改善につながることが期待される。 (C)時事通信社