東京都の小池百合子知事は12日、新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用が都内で始まったことを受け、「重要な時期だ。変異株の拡大などで感染者が増えているので皆さんと共に抑え込んでいく」と述べ、テレワークの徹底などを改めて訴えた。登庁時に記者団の取材に答えた。
 小池氏はまた、同日からの高齢者向けワクチン接種に関し「重症化しやすい高齢者に安心していただける」とする一方で、「(現在の供給量は)ほんのごく一部だ。国にはワクチンを早期に確保してほしい」と要請した。 (C)時事通信社