愛媛県の中村時広知事は12日の臨時記者会見で、21日松山市内で予定されている東京五輪聖火リレーについて、取りやめる方向で調整していることを明らかにした。その理由として新型コロナウイルスの感染拡大を挙げ、「(新規感染者に)減少傾向が見えない」と述べた。14日の県実行委員会で正式決定し、東京五輪・パラリンピック組織委員会に申し入れる。
 会見で中村知事は、同市内で開催予定の聖火到着時のセレモニーについても、一般客を入れない形で実施する考えを示した。
 愛媛県では先月下旬、同市内の繁華街でクラスター(感染者集団)が発生。その後も感染拡大に歯止めがかかっていない。 (C)時事通信社