【ロンドン時事】英イングランドで12日、新型コロナウイルス感染拡大阻止のための規制がさらに緩和され、パブやレストランの屋外部分のほか、ジム、美容院などが営業を再開した。イングランドでは1月に3度目のロックダウン(都市封鎖)が導入されたが、ワクチン接種の進展を受けて2月、政府が段階的緩和措置を発表していた。
 生活必需品以外のものを扱う店舗や、動物園などの屋外施設も再開。報道によれば、一部のパブは未明から営業を始め、訪れた人々が「友人と会って一杯飲めることにわくわくする」「クリスマスもイースターもお祝いできなかったから、ここに戻れてうれしい」と口々に話した。一部店舗には開店前から長い行列ができた。 (C)時事通信社