ニュース配信アプリを手掛けるスマートニュース(東京)は13日、利用者が居住する地域ごとに、新型コロナウイルスワクチンの接種開始時期などを通知するサービスを開始したと発表した。接種施設も地図上に表示する。高齢者向け接種が始まりワクチンへの関心が高まる中、利用者のニーズに応える。
 スマートフォン向けアプリ内に「新型コロナワクチンチャンネル」を設置した。利用者が居住地や生年月日などを記入すると、市区町村が発表した情報を基に接種時期の目安を表示し、接種が可能になったら通知する。
 また、アプリの地図上にワクチン接種を行う施設や医療機関を表示。かかりつけ医が予約受け付けを始めた段階で通知する機能も付けた。 (C)時事通信社