産経新聞大阪本社(大阪市浪速区)は13日、販売局と関連会社の社員を含む30~60代の男女13人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 10日から13日にかけて同局の複数社員が発熱を訴え、PCR検査と抗原検査を実施したところ、13人が陽性と確認された。うち12人は内勤で外部との接触はなく、残る1人も感染対策を十分取っていたという。
 同社は販売局のフロアの消毒を行い、局員全員を原則、在宅勤務か自宅待機とした。
 同社広報部は「社内外への安全確保を最優先に、これまで以上に感染拡大防止に努める」とのコメントを出した。 (C)時事通信社