東京都医師会の尾崎治夫会長は13日の定例記者会見で、都内が新型コロナウイルス感染拡大の「第4波の入り口にある」と述べた。また、東京五輪開幕まで14日で100日前となることを受け「たとえ無観客であっても(運営が)難しい面が出てきている」と指摘。国に対し、五輪に向けた感染予防策の具体案を示すよう求めた。
 尾崎氏は会見で、高齢者へのワクチン接種が始まったことに触れ、「ここで感染を抑えて円滑な接種をどんどん進めていくことで、7月以降の新たなコロナ対策のステージに入る希望が出てくる」と強調した。 (C)時事通信社