世界保健機関(WHO)は毎年5月31日を世界禁煙デー(World No Tobacco Day)に制定し、禁煙を呼びかけている。今年(2021年)のテーマは「禁煙に取り組もう(Commit to quit)」。テーマの下には「COVID-19パンデミックにより数百万人の喫煙者が禁煙を望んだ。今こそ禁煙に取り組み、誓約書にサインしよう」とのメッセージが付されている。

禁煙すべき100の理由と禁煙によるメリット

 WHOの世界禁煙デー特設サイトでは、禁煙に取り組む上で注目すべき3つのトピックスを取り上げている。1つ目のトピックは「たばこをやめる100の理由」として、禁煙すべき100以上の理由を掲示。そのトップには昨年来、報告されている新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に感染した場合、喫煙者は重症化および死亡リスクが高まることを挙げている。その他、近年話題の電子たばこや加熱式たばこの有害性にも触れている。

 2つ目のトピックとして、「禁煙のメリット」を紹介。"禁煙後20分以内に心拍数および血圧が低下する"や"禁煙後12時間で血中一酸化炭素濃度は正常値に戻る"など、早期かつ長期的なエビデンスを紹介している。その上で、既に喫煙に伴うなんらかの健康問題を抱えている人におけるメリットを、禁煙時年齢別に言及。一例として"30歳前後なら、約10年の寿命延長効果"を挙げている。

 3つ目のトピックは「禁煙ツール」と題し、喫煙欲求に対する簡易対処法として深呼吸をする、水を飲む、読書や散歩、音楽鑑賞で気を紛らわすなどを示すとともに、SNSを用いた禁煙サポートなどのリンクを掲示している。

 なお、世界禁煙デーに関連し毎年さまざまなイベントが世界中で行われるが、昨年はコロナ禍により中止された(関連記事『テーマは「たばこ業界から若者を守れ」』)。今年は、日本禁煙学会が共催する記念コンサートが開かれる予定。コンサートでは小林研一郎氏が指揮者を務め、会場での生演奏だけでなくリモート配信を通して医療従事者を応援する狙いもある。

松浦庸夫