【ニューヨーク時事】13日のニューヨーク株式相場は、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルスワクチンの使用中断勧告を嫌気し、続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比68.13ドル安の3万3677.27ドルで終了。一方、ハイテク株中心のナスダック総合指数は同146.10ポイント高の1万3996.10と反発して引けた。 (C)時事通信社