政府は14日、皇室への新型コロナウイルスのワクチン接種について、優先することはせず、政府が決めたスケジュールに従って実施するとの方針を明らかにした。宮内庁の池田憲治次長は同日の衆院内閣委員会で「接種の順位について政府の方針に従い、それぞれのご意向に沿って実施できるように準備していきたい」と述べた。接種したことを公表するかに関しては、「現在検討中だ」と明言を避けた。立憲民主党の大西健介氏への答弁。 (C)時事通信社