中央社会保険医療協議会(厚生労働相の諮問機関、中医協)は14日の総会で、白血病などの治療薬「キムリア」の公定価格(薬価)を約146万円引き下げ、3264万7761円とすることを了承した。7月から適用する予定。
 キムリアはスイスの製薬大手ノバルティスファーマが開発。2019年5月、当時の国内最高額となる3349万3407円で保険適用された。現在の価格は消費税増税のため3411万3655円。
 患者の自己負担に上限を設ける高額療養費制度があるため、費用の大部分は公費で賄われる。総会では、キムリアの類似薬「イエスカルタ」を新たに保険適用することも了承した。価格はキムリアと同じ3264万7761円。 (C)時事通信社