自民党の下村博文政調会長は14日の記者会見で、東京五輪・パラリンピックに出場する日本人選手への優先的な新型コロナウイルスワクチン接種の要否について「5月中旬ぐらいまでに議論したい」と語った。
 下村氏は「格闘技で外国人選手が接種して日本に来たとき、日本人選手が接種していないとリスクがあるという話が出ている」と指摘。選手を優先する条件としては、医療従事者や高齢者への接種が順調に進んでいることを挙げた。 (C)時事通信社