自民党の二階俊博幹事長は15日、TBSのCS番組収録で、新型コロナウイルスの感染拡大が続く場合、今夏の東京五輪・パラリンピックを「すぱっとやめないといけない」と述べた。五輪中止の可能性に言及したもので、有力幹部の発言だけに波紋を呼びそうだ。
 二階氏は、五輪開催でコロナの感染拡大を懸念する声があると問われ、「これ以上無理だということだったら、すぱっとやめないといけない。五輪で感染をまん延させると、何のための五輪か分からない」と指摘した。
 ただ、二階氏は番組内で「五輪を盛り上げることが日本にとって大事だ。大きなチャンスだ。成功させたい」とも述べた。
 二階氏の発言について同党幹部は「五輪中止という状況にはならない。開催する」と発言を打ち消した。 (C)時事通信社