日銀は15日、春の支店長会議を開き、全国9地域の景気動向をまとめた地域経済報告(さくらリポート)を公表した。新型コロナウイルス感染再拡大の影響などで北海道と東北の2地域の景気判断を前回1月報告から引き下げた。残る7地域は据え置き。多くの地域は「持ち直し」の動きが続いているとしつつも、飲食や宿泊など対面サービス消費への影響に懸念を示した。
 変異ウイルスが猛威を振るっている大阪府や兵庫県などを含む近畿については「まん延防止等重点措置が実施される下で、サービス消費への下押し圧力は強い状態にある」との判断を示した。 (C)時事通信社