デジタル端末などの液晶画面から発するブルーライトによる心身への悪影響が議論される中、ブルーライトから眼を守る手段の1つとしてブルーライトカット眼鏡が市販されている。小児に対しても装用を推奨する動きが見られるが、科学的根拠に乏しいことなどを理由に日本眼科学会など眼科関連6団体は昨日(4月14日)、「小児のブルーライトカット眼鏡装用に対する慎重意見」を公表した。

ブルーライトの「健康被害」における4つの問題点

 ブルーライトにより睡眠障害や眼精疲労など健康への悪影響が生じるとされる。ブルーライトカット眼鏡は、これらを軽減または予防する効果があるといわれる。しかし、眼科関連6団体は、体内時計とブルーライトとの関連については複数の報告がある一方、それ以外については十分なエビデンスが蓄積されていないとして、慎重意見の中で4つの問題点をそれぞれの科学的根拠とともに指摘した()。

表. ブルーライトと健康被害に関する問題点

  • ① デジタル端末の液晶画面から発せられるブルーライトは、曇天や窓越しの自然光よりも少なく、網膜に障害を生じることはないレベルであり、ブルーライトを恐れる必要はない。

  • ② 小児にとって太陽光は心身の発育に好影響を与える。十分な太陽光を浴びない場合、小児の近視進行のリスクが高まる。ブルーライトカット眼鏡の装用は、ブルーライトの曝露よりも有害である可能性が否定できない。

  • ③ 米国で行われたランダム化比較試験では、ブルーライトカット眼鏡には眼精疲労を軽減する効果が全くないことが示唆された。

  • ④ 体内時計を考慮すると、日中にブルーライトカット眼鏡を装用することによる有用性は根拠が不十分である。産業衛生領域においては、日中の仕事は窓ぎわの明るい環境下で行うことが推奨されている。

(「小児のブルーライトカット眼鏡装用に対する慎重意見」を基に編集部作成)

 こうした問題点を挙げた上で、小児のブルーライトカット眼鏡の装用について同団体は「推奨する根拠はなく、むしろ発育に悪影響を与えかねない」との見方を示している。

松浦庸夫