丸川珠代五輪担当相は16日の閣議後の記者会見で、東京五輪・パラリンピック期間中の新型コロナウイルス感染対策の一つとして、選手やコーチに対して毎日、ウイルス検査をするように具体的に検討していることを明らかにした。現在の計画では選手の検査は最低4日に1度としているが、「検査の体制は非常に充実してきている」と述べ、実務的にも可能との認識を示した。
 「選手はもちろん、コーチや監督、コンディショニングに当たる方、選手の生活の場面に関わってくる方、どの範囲まで検査が必要な方たちなのか」と話し、対象範囲や検査体制について検討を進めるとした。今後、大会準備のために開催されるテスト大会でも、毎日の検査を実施する方向で調整するという。
 丸川氏はまた、自民党の二階俊博幹事長が感染状況次第では東京大会の中止も選択肢にあるとの考えを示したことについて、「そのようなことにならないように、しっかり安心安全な大会の実現に取り組むように叱咤(しった)激励だと受け止めている」と述べた。日本選手へのワクチン優先接種をめぐる議論に関しては、「具体的な検討は政府で行っていない」と改めて否定した。 (C)時事通信社