萩生田光一文部科学相は16日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」が適用された地域の小中高校について、「できる限り授業を続けていくことを前提としたい」と述べ、感染症対策を徹底した上で授業を継続するよう求めた。地域単位での一斉休校に関しては、「真に必要な場合に限定して慎重に判断すべきだ」と強調した。 (C)時事通信社