公明党の石井啓一幹事長は16日の記者会見で、新型コロナウイルスの国産ワクチン開発を促進するため、財政支援を拡充したり治験・承認プロセスを柔軟に運用したりすることを検討すべきだとの考えを示した。その理由として「世界でワクチン・ナショナリズムが広がっている」と指摘し、「日本特有の変異株が出現した際の対応を考えると、国内ワクチンの開発が重要だ」と語った。 (C)時事通信社