【ベルリン時事】ドイツのメルケル首相(66)は16日、英製薬大手アストラゼネカが開発した新型コロナウイルスワクチンを接種した。同ワクチン接種後に血栓症で死亡する例が相次いだため、ドイツは発症が多い60歳未満への接種を取りやめている。
 ザイベルト報道官のツイッターによると、メルケル氏は「ワクチンはパンデミック(世界的大流行)を克服するためのカギだ」と強調した。ショルツ副首相兼財務相(62)も同日、アストラ製ワクチンを接種。シュタインマイヤー大統領(65)も先に接種していた。 (C)時事通信社