運動不足の人は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症化やCOVID-19に関連した死亡のリスクが高いことが明らかになった。米・Kaiser Permanente Medical CenterのRobert Sallis氏らが、COVID-19患者約5万例を対象に行った研究の結果をBr J Sports Med 2021年4月13日オンライン版)に発表。COVID-19の重症化や死亡を防ぐには、運動を習慣的に行うことが強く勧められるとしている。

週150分以上の運動を

 COVID-19の重症化や死亡の危険因子として、高齢、男性、糖尿病、肥満、心血管疾患などが指摘されているが、これまで運動不足の影響については明らかでなかった。

 そこで今回Sallis氏らは、2020年1月1日~10月1日にCOVID-19と診断された18歳以上のKaiser Permanente Southern Californiaの医療保険加入者10万3,337例のうち、カリフォルニア州でロックダウンが開始される前の2年間(2018年3月19日~2020年3月18日)に、クリニックで運動時のバイタルサインを3回以上測定した患者4万8,440例を対象として、運動習慣とCOVID-19による入院、ICU入室、死亡リスクとの関係を検討した。運動習慣については、自己申告による1週間の運動時間で0~10分の者を運動不足群、11~149分の者を運動実施群、150分以上の者をガイドラインの運動基準を満たす群に分類した。

 対象の平均年齢は47.5歳、女性が61.9%、平均BMIは31.2。51.4%は糖尿病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、心血管疾患、腎疾患、がんなどの併存疾患を有していなかったが、17.4%は1つ、31.3%は2つ以上の併存疾患を有していた。

 常にガイドラインの運動基準を満たす群は全体の6.4%、常に運動不足群は14.4%だった。ガイドラインが推奨する運動習慣を有する割合は白人が最も多く9.4%、次いでアジア系が7.3%、ヒスパニック系が5.5%、アフリカ系が4.6%だった。

 COVID-19による入院は8.6%、ICU入室は2.5%、死亡は1.6%に認められた。

 ロジスティック回帰分析法で年齢、人種などの因子を調整後、ガイドラインの運動基準を満たす群に比べて運動不足群ではCOVID-19による入院リスクが2.26倍〔オッズ比(OR)2.26、95%CI 1.81~2.83〕、ICU入室リスクが1.73倍(同1.73、1.18~2.55)、死亡リスクが2.49倍(同2.49、1.33~4.67)と有意に高かった。

 また、運動実施群と比べても運動不足群ではCOVID-19による入院リスクが20%(OR 1.20、95%CI 1.10 ~1.32)、死亡リスクが32%(同1.32、1.09~1.60)有意に高かった。ICU入室リスクも高かった(同1.10、0.93~1.29)が、統計学的に有意ではなかった。

 以上から、Sallis氏らは「運動不足は、COVID-19による入院、ICU入室、死亡の危険因子であり、喫煙や肥満、糖尿病、高血圧、心血管疾患、がんなどよりもリスクを大幅に上昇させた」と結論。「COVID-19重症化やCOVID-19による死亡を予防するには、マスク着用やソーシャルディスタンシング以外に定期的に運動することが重要である」と強調している。

大江 円