【ワシントン時事】菅義偉首相は16日(日本時間17日)、新型コロナウイルスの感染が急速に再拡大する大阪府への緊急事態宣言発令について、「状況を見ての判断になるだろう」と述べ、現在適用中のまん延防止等重点措置の効果を見極めて対応する考えを示した。大阪府の医療提供体制に関し、「病床が逼迫(ひっぱく)している」と指摘。自治体と連携して対処すると説明した。ワシントンで記者団の質問に答えた。 (C)時事通信社