東京都は17日、新たに759人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。1日当たりの感染者は、3月21日で2回目の緊急事態宣言が解除されて以降、最多を更新した。
 大阪府では、5日連続で1000人を超える1161人の感染が判明。兵庫(541人)、徳島(44人)、沖縄(167人)各県で過去最多を更新した。
 都内の新規感染者の直近1週間平均は569.0人で、前週比124.1%。この日判明したのは20代が239人で最も多く、30代156人、40代112人と続いた。65歳以上は73人。都基準の重症者は45人で、前日より2人増えた。
 全国では4日連続で4000人を超える4802人の感染が確認された。「まん延防止等重点措置」が新たに適用される埼玉県は207人、千葉県は156人、神奈川県は247人、愛知県は230人。全国の死者は41人、重症者は前日比32人増の702人だった。
 兵庫県では、県警察学校(芦屋市)で発生していたクラスター(感染者集団)で、新たに48人の感染が判明。同校関連の感染者は計61人となった。 (C)時事通信社