日本レスリング協会は17日、カザフスタンのアルマトイで開催中のアジア選手権から16日に帰国した代表チームのうち、男子グレコローマンスタイルの選手とスタッフ各1人が羽田空港での新型コロナウイルス検査で陽性反応を示したと発表した。2人には隔離措置が取られた。
 アルマトイで9~11日に行われた東京五輪アジア予選でも、出場した選手、スタッフのうち2人が14日の帰国時検査で陽性となっていた。 (C)時事通信社