【ロンドン時事】エリザベス英女王の夫で、9日に99歳で死去したフィリップ殿下の葬儀が17日、ロンドン近郊ウィンザー城内の聖ジョージ礼拝堂で執り行われた。70年以上にわたり女王を公私両面で支え、「国家の祖父」と親しまれた殿下への最後の別れ。ただ、新型コロナウイルス感染を警戒し、家族のみが参列する小規模なものとなった。
 殿下の遺体は専用車で礼拝堂まで運ばれ、長男チャールズ皇太子や孫のウィリアム、ヘンリー両王子らが城内での葬列に参加。追悼の空砲と鐘が鳴らされた後、1分間の黙とうと共に葬儀が始まった。感染規制に沿い、参列者はマスクを着用して対人距離を保ち、女王をはじめとする家族30人に絞り込まれた。米国在住のヘンリー王子は葬儀のため渡英。妊娠中の妻メーガン妃は出席を見送った。 (C)時事通信社