世界保健機関(WHO)の集計によると、世界で過去1週間(今月12~18日)に報告された新型コロナウイルスの新規感染者は、過去最多となる約522万人に上った。週単位での新規感染者数は8週連続の増加。感染力が強いとされる変異株が世界各地に広がる中、感染拡大に歯止めがかからない状況が続いている。
 WHOの集計では、週単位での新規感染者数は1月上旬の約504万人をピークに減少していたが、2月下旬以降、再び増加に転じている。
 過去1週間の新規感染者をWHOの管轄地域別に見ると、欧州が最多の約161万人、米州約152万人、感染の急拡大に見舞われているインドを含む南東アジア約151万人など。全6地域のうち欧州以外の全地域で前週から増えた。
 18日の国別の新規感染者数は、インドが26万人超で最多。次いでブラジル8万5000人超、米国7万3000人超、トルコ6万人超の順。
 世界の感染者は累計で1億4000万人を超え、死者は300万人超に達している。 (C)時事通信社