新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、自民党の二階俊博幹事長が東京五輪・パラリンピックをめぐって「中止も選択肢」との考えを示したことについて、山梨県の長崎幸太郎知事は19日の記者会見で「極めて常識的な発言ではないかと思う。(コロナが)まん延している中で、五輪をやるという方がむしろ常識に反している考えではないか」と賛同を表明した。
 山梨県には、五輪の自転車ロードレースのコースの一部がある。長崎氏は「世紀の大イベントを楽しめるように、われわれとしてのやるべきことをしっかりやりたい」と述べ、感染対策に取り組み、大会開催を可能とするため努める意向も強調した。 (C)時事通信社