宮内庁は19日、皇嗣職を担当する御用掛の60代男性職員が、新型コロナウイルスに感染し、東京都内の病院に入院したと発表した。男性は非常勤で、8日に秋篠宮ご一家と接触する機会があったが、妻から感染したのはその後とみられ、ご一家に感染した恐れはないという。
 宮内庁によると、秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまは8日午前、お住まいの宮邸で復興庁事務次官から東日本大震災の復興状況などについて説明を受けており、男性はマスクを着用した上で距離を保って同席。その後、宮内庁関係の職場には出勤していない。
 14日に妻の感染が分かり、男性も熱が出たためPCR検査を受けたところ、16日に陽性と判明した。妻が職場で感染したのは8日とみられ、その後男性と会ったのは帰宅後という。 (C)時事通信社